USBメモリ紛失騒動

仕事

◆◆◆当ブログにお越しいただきましてありがとうございます。◆◆◆

IT業界あるある

2022年6月現在、世間を騒がしているUSBメモリ紛失問題。

結果として見つかったわけですが、契約の流れを見ていると

①某市>②委託業者>③協力会社>④協力会社の委託先

今のところはこんな感じなんですね、今のところは。

今回問題を起こしたのは④協力会社の委託先ですが実はもっと委託先があるって可能性もありますよね。

ニュースを見ている限りでは③協力会社は④協力会社の委託先までしか把握していないみたいだし⑤協力会社の委託先の委託先とか⑥協力会社の委託先の委託先の委託先みたいなのが出てくるかも。

何が何だかよくわからなくなりそうですがIT業界の多重下請け構造ではよくある話で終わってしまいそうですけどね。

この際、IT業界には下請けの契約形態についてももっと深く掘り下げて偽装請負や多重派遣などの違法行為が蔓延していることをしっかりと報道してもらいたい。

でも無理かな。

この国自体が中抜き産業を推奨しているから。

事件の当事者はおそらくSESの方だと思われますが無理難題言われて持ち帰らざるを得ない事情があったのかもしれません。

IT業界に限らず、ブラックな会社は正攻法で辞めさせてくれない場合もあります。

皆さん仕事で無理だと悩んで壊れてしまう前に誰かに相談してみるのも一つの手です。

◆◆◆最後までお読みいただきましてありがとうございました!!◆◆◆

コメント

タイトルとURLをコピーしました